今日はレナちゃんの家族記念日です。




レナを我が家に迎えることになったのは、

こんなことがあったからです。


2007年の7月末に、

ロシアンブルーのれお君を

保護しました。


保護した時は頭にひどいケガをし、

ガリガリにやせていました。


いろいろな所に届けを出し、

チラシも貼ってもらいましたが、

なかなか飼い主さんと

出会えませんでした。


9月になって、

獣医さんに貼っていただいたチラシを

飼い主さんのお友達が

ご覧になったことがきっかけで、

れお君は無事にお家に帰って行きました。


写真は迎えに来てくださった時に

撮影したものです。




れお君がいなくなって、

寂しくなったねぇと思っていた時に、

ペットショップで売れ残っていたレナと

出会いました。


噛み癖があり、

店員さんが手を焼いていた猫です。


血統がよいことで、値下げもできず

困っていました。


「そんな大変な猫には見えないけどね。」と

抱っこさせてもらったら、

いきなり首を噛んできました~。(笑)


他の猫たちのことを考えると

この子はさすがに無理だろうと

私は思いましたが、

おとうさんが、「つれて帰ろう。」

と言ったので、

「猫だらけ」に迎えることになりました。




レナ 「こまりちゃん、一緒に寝ようよ。」

こまり 「油断はできないからね。」


レナはスイッチが入ると、

急に走ったり、

急に飛びかかったり、

後ろ足を噛んだりと大暴れ~。




レナ 「ルシちゃん、遊ぼうよ。」

ルシアン 「お断りします。」


レナちゃんが来てから、

マリンちゃんは2階へ来なくなりました。


みんなが警戒するなか、

根気よくレナちゃんにつきあってくれたのが、

ウランちゃんとティファニーです。




レナ 「ウランちゃん、大好きよ。」


ウランちゃんのことが大好きで、

いつもそばにいました。


大好きだけど、

スイッチが入ると、

耳や足を噛む、

馬乗りになるなど、

やりたい放題~。



でもウランちゃんが

気長につきあってくれたおかげで

レナちゃんはだんだん普通の猫に

育っていきました。




叱っても、

「そんなの関係ねぇ」


という感じのレナちゃんに

ぬーなーさんがこんなお洋服を

送ってくださいました。




ティファニー 「いい加減にしなさいよっ!」


ティファニーはスパルタ教育を

根気よくしてくれました。


おかげでレナはみんなと暮らせる猫に

育ちました。


レナ 「グッチの首輪よ。」


ラングちゃんのママからいただいた

グッチの首輪。


15秒くらいつけてくれました~。(笑)




巻物と



野菜と



ルイヴィトンが大好き!? (笑)



おかあさん 「こら~!どこで爪を研いでる!!」


暴れん坊のレナちゃん、

最近はすっかり普通の猫になりました。


猫が猫を育ててくれました。


レナちゃん、

レナちゃんを受け入れてくれた

お姉さん猫たちに感謝だね。




大学のスクーリングで東京に行った帰り、

羽田空港の展望デッキに

初めて行きました。

中秋の名月の日だったこともあり、

混み合っていました。



夕食はイタリアン


カボチャのサラダと生ハム

アイスコーヒー



ラグーソースのパスタ

1500円のセットでした。

羽田でこのお値段は安いですよね~。


広いカウンターで、

のんびりお食事ができたのもよかったです。



空港に行く前にある所へ

急いで行ってきました。

その場所では、とても感動し、

いっぱい写真を撮ってきました。

さあ、私にどこに行って来たでしょう?


  2つのランキングに参加しています 

「猫だらけ」

お手数をおかけしています。

  
いつも応援してくださり、ありがとうございます。

今朝はランキングが下がってしまいました。
クリック応援してくださると、嬉しいです。
今日は自己分析・応募書類の書き方のセミナーを
させていただきます。


ツイッターは nekodarakesan


<なうのフォローについて>

最大1000人までしかできないようなので、
ただいま、いっぱいで、フォローができません。
すみません。