ひなた 「家の中の匂いがなくなったね。」



先日、ミーちゃんが膀胱炎になり、

獣医さんで注射を打っていただきました。


すぐに効いたようで、

家の中の匂いがなくなりました。


膀胱炎になると

おしっこの匂いがきつくなる、

もしくは

濃いおしっこの匂いがします。


独特の匂いですから、

たぶんわかると思います。




ケイ 「普段から匂いには敏感でいてね。」


外出から戻ってきた時に

いつもと家の中の匂いに変化がないか

注意しています。


ミーちゃんの膀胱炎は

家の中に入った途端に匂いがしました。


匂い以外に、膀胱炎を見つけるには、

トイレに行く回数が少ない。

もしくは

何度もトイレに行く。


ヴィヴィアンの膀胱炎を見つけた時は

おしっこがいつものように出ないので、

何度もトイレに行くのを見て、気づきました。


それ以外に、

トイレ掃除をした時に

小さなおしっこ玉を見つけたら、要注意です。


他の膀胱炎の見つけ方をご存知の方は

ぜひ教えてください。

よろしくお願いします。


ルシアン 「私たちは人間の5倍以上の速さで生きてるのよ。」


現在13歳のルシアンは

猫の年齢に換算すれば、68歳です。


ということは、

私たちの1日は、

猫にとっては5日分になります。



獣医さんに連れて行くかどうか、

迷う時がありますよね。


連れていくほどの症状ではないかな・・・。

行けば5000円はかかりそうだな・・・。

待ち時間が長くなれば、2時間か・・・。


でも

1日様子を見るということは

5日様子を見ていることになります。


2日様子を見るということは、

10日様子を見ることになります。



「猫はギリギリまで我慢をする」

という話をよく聞きますよね。


それは本当でした。


昨年の7月、

ナナちゃんが朝ご飯を食べなかったので

心配して獣医さんへ連れて行ったら、

病気が見つかりました。


前日まで普通にご飯を食べ、

いつもと同じ生活をしているように見えました。


レナやしおりやネネのように活発な猫なら

変化に気づきやすいでしょうが、

静かに過ごしている猫は

病気が見つけにくいと思います。




猫の病気を見つけるには

いつもと違うことを

見逃さないように注意することでしょうか。


名古屋の甥のお嫁さんが水耕栽培で作った

トマトを箱にいっぱい詰めて送ってくれました。


甥っ子の家族とも仲良くしてもらえて

嬉しい限りです~。




ラベンダーのお花が咲き終わりました。

昨日、11時~13時まで

ラベンダーを刈り取っていたら

昼間は暑くて来ないはずの茶色ちゃんが

遊びにきました。


茶色ちゃんに話しかけながら

庭仕事をしました。


けっこう長い時間一緒にいたのに、

近づいたら、

「シャー!!」と言ってました。(笑)




今日は早朝から

高校生就職ガイダンスのお仕事です。

今日は30度になるそうですが、

スーツで、頑張ってきます~!


2つのランキングに参加しています。 
クリック応援してくださると、嬉しいです。

今日は4時半起きです。


 「猫だらけ」
私もクリックしてほしいニャ。

応援、ありがとうございます!




ツイッターは nekodarakesan




おかげさまで1540人超えました、
ありがとうございます。