「猫だらけ」

おかあさん 「そろそろトリミングに行かなきゃね。」

ケイ 「もう絶対に行きませんよ!」



「猫だらけ」

11月にトリミングをしてもらった時に

バリカンの歯が当たり、

血管が見えるような大ケガをし、

獣医さんで縫ってもらいました。




レジでお金を払った時は

お店からのケガの報告は一切なし。


お店を出て、駐車場に向かって歩き出した時に

女性オーナーが後ろから声をかけてきました。


「バリカンの歯がちょっとあたっちゃってね。


でも治療したから大丈夫よ。」


これだけしか言わなかったので

「そんなことがあったのか。」

と、思っただけで、

ケガの確認をしませんでした。

後になってケイに本当に申し訳ないことをしたと

反省しました。



「猫だらけ」

ケイ 「とっても痛かったのよ。」


翌日、トリミングをした店員さんから電話がありました。


「ケイちゃんのケガ、大丈夫でしたか?


獣医さんに行かれるなら、治療費をお払いします。」


ちょっと取り乱したような声だったので

慌てて、長毛に隠れた足のケガ見ると・・・

  


すぐに獣医さんへ連れて行きました。

「血管が見えているから、縫いましょう。」

ということになりました。


帰宅してからお店に電話をしたら

女性オーナーのご主人が出て、

「治療費は払います。すみません。」

と、言ってました。

その後、店からは何も連絡はありませんでした。


今年になって、3回お店に行きましたが

正式な謝罪の言葉はなし


獣医さんの治療費の領収書を持って行った時

お金は払ってくれましたが

やはり正式な謝罪の言葉はなし


その時に

「予約をしたいけど、いつが空いていますか。」

と、聞いたら

なんと、

「今後は他の店に行ってほしい。」 

と、断られてしまいました~。


これまたびっくり~



思い起こせばいろいろありました。

予約制なのに、

ダブルブッキングだったのか

トリミングをする人が遅刻したのか

理由はさだかではありませんが、

狭いキャリーバッグの中で待たされて、

終了したのは4時間後でした。

迎えに行った時に、

店側からは何も報告はなかったのですが、

たまたま店員さんが

「長く待たされちゃったから疲れたよね。」

と、チェルシーに話しかけていたので、

わかりました。


またある時はキャリーバッグの扉が

きちんと閉まっておらず、

駐車場で扉が開きそうになり

ヒヤッとしたことがありました。

次に来店した時にその話をしましたが、

この時も謝罪の言葉はありませんでした。


このお店とは10年以上のおつき合いがあり、

我が家の9匹の猫は、このお店で買いました。

親戚みたいな気持ちでいましたので、

この対応は実に残念でした。

もう2度と行きません。



「猫だらけ」

おかあさん 「毛玉ができてるよ。どうする?」

ケイ 「気易くさわらないで。」


札幌で猫のトリミングをしてくれるお店を

ご存知の方は、教えてください。

よろしくお願いします。





ランキングに参加しています。
クリックしてくださると、嬉しいです。
「猫だらけ」 にほんブログ村 猫ブログへ
昨日も応援してくださり、ありがとうございました。

今週も応援してくださいね~。



仕事用ブログ      仕事用HP

「猫だらけ」  「猫だらけ」  
クリックしていただきますと仕事用ブログ、HPへ


本日8:30 更新しました。

「コミュニケーション能力って、何?」





「猫だらけ」

これまでの支援先、募金方法、


口座番号


についてはこちらをご覧ください。





ツイッターは nekodarakesan